港北の福祉の次代を 担う人が集まる一夜城
役職・職域・世代は関係ない
身近な実践を聞きあい
ただ明日のために 語り合おう


みんなで築く!港福一夜城 VOL9

認めあい・ささえあい・つくる



 "

医療の進歩で現在は500グラムの赤ちゃんでも障がいがあったとしても、命の危機を脱して、家庭でその子なりに成長していく子どもたちがいます。

学校の遠足にも行くし、パラリンピックの選手になれる未来があります。

その子と家族の周りでは、学校、地域、医療、福祉に関わるいろいろな人が自分達のできることを積み重ねてサポートしています。

「生きること」のすべてはつながっていて、医療、福祉、学校と分けて考えられることではありません。

何が必要なことなのか、「医療的ケア」とはどういうことなのか、

恐れず「障がいっ子」のことを正しく知ってほしい。

そんな願いを持ったお二人のお話を伺います。


●日  時:2018年10月18日(木)18:30〜20:30(開場18:00

●会 場:港北公会堂2階 1号会議室 (港北区大豆戸町26−1)

●対 象:関心のある方ならどなたでも。申込み

参加費 一般 999円 (保育なし・子ども同伴OK) 
 

●予約制(定員80名) このページの下に申込フォームがあります。

今夜のご当主(話し手)

片岡 愛さん (あい診療所 院長)
 
小机で「あい診療所」を開業。在宅で医療的ケアの必要なお子さんやケアを頑張る家族、
そして子育てに励むママ達、いのちと向き合う
家族を応援したい。そんな思いで、
『認めあい・支えあい・みんなでつくる』医療を実践中。
「勇気づけ医療者養成講座」
「かたおかファミリー音楽会」
「乳幼児・医療的ケア児のための音楽教室《ぴあーの》」など
を開催している。

向山 敬介さん(太尾小学校 元PTA会長/NTTクラルティ(株)勤務)

大倉山在住、中学2年になる男女の双子の父。男児に先天性の
脳性まひによる肢体不自由があり、現在は車いす生活です。
「障がいに配慮はするけど、特別扱いはしない」をモットーに、
地域や学校の皆さんに支えていただきながら、
いろいろな事にチャレンジし続けています。
現在はNTTグループの障がい者雇用特例子会社に勤務し、
公私ともにバリアフリーの実現を夢見ています。

ご案内チラシ>>こちらからダウンロードできます。

問合せ:港福城プロジェクト 
TEAM SASUKE(NPO法人びーのびーの企画室内)
EMAIL: kikaku@bi-no.org  T E L:045-877−2156


●主 催:港福城プロジェクト

港北区にゆかりのある有志が「次代を担う人たちが所管や事業の枠を超えて横断的に連携することこそが、
地域住民の明日の暮らしの幸せを築くことにつながる」と願い、
自由に参加し、意見交換や情報共有を通して学び合うプロジェクトです。
一夜城のように、体裁は取り払って、一夜限り集まれる人で、簡易に学びあいの場をもとう、
話し手は”当主”、賛同人は”福の衆”というイメージで名付けています。

●福の衆(プロジェクト賛同人) 五十音順 201881日現在 随時募集中 ぜひご一緒に。

饗庭浩美・青木恵美子・安達和世・池田誠司・石原里美・石原千草・伊藤泰毅・入江勝通・岩本洋子・岩本邦彦・宇田川規夫・大神田絵美

大野玲子・大原日惠・大場佳代子・大豆生田啓友・奥山千鶴子・梶谷洋之・門倉晴義・神島理惠子・河村太喜・北見智美木下豊・久保希有子

小池伊左雄・小嶋正夫・小林富夫・小林康夫・齊藤良治・櫻井なおみ・嶋宏之・白瀧宏子・新堂泰江・助廣一則・鈴木智香子・鈴木美美子

鈴木ヨシモト直美・関口昌幸・妹尾信二・芹田賢治・田代麗・田中孝秀・田之畑有美・畑中祐美子・原美紀・平井誠二・藤岡圭子・本間克之

増田英雄・丸田剛洋・水谷裕子・武藤啓司・村田由夫・宮田光明・安江文子・山口麻津子・安田加代子・山下容子・山科礼子・山村朋子

山本一乃・渡邉広美                                                       


 





●港福一夜城プロジェクト 今までの歩み

Vol1  2016.10.13(木)18:45〜20:30/会場 どろっぷサテライト 参加者約70名
ご当主:加藤 彰彦さん(沖縄大学前学長)× 村田 由夫さん (大倉山保育園園長)
1970年代以降、お二人が中区寿町で見てきた出来事・人々の姿をいきいきと、当時のスライドを見ながら、学んだ。

Vol2  2017.1.13(金)18:30〜20:00/会場 港北区役所1F予防接種室 参加者100名
ご当主:鈴木 明子さん(野のすみれクリニック)× 山下 容子さん(株式会社あやちゃん家)
障がい児の母という当事者であり、プロフェッショナルな医療者・看護師という立場で活動してきた取組についてお話を伺った。

Vol3  2017.3.23(木) 18:30〜20:15/会場 野菜レストランさいとう 参加者約80名
ご当主:横山 日出夫さん(港北区長)× 竹田 和広さん(一般社団法人ウィルドア共同代表理事/慶応大 大学院生)
若者世代の活躍の場を地域の人・場はどう受入れ、どう関わるべきか、「野菜レストランさいとう」の料理を堪能しながら考えた。

Vol4  2017.7.21(金) 18:30〜20:30/会場 港北区地域子育て支援拠点どろっぷ 参加者90名
ご当主:大野 慶太さん(東宝タクシー株式会社社長)× 松山 浩士さん(港北区役所)
交通事業者と考える地域社会。全てがバリアフリーにならなくても、「ひと」が介在することが重要であるということを感じあう場となった。

Vol5  2017.10.12(木)18:30〜20:30/会場 港北区役所1F予防接種室 参加者107名
ご当主:秋島清美さん 臼井里貴さん 松本 龍之介さん
障がい当事者が自ら語った。壮絶さがありながら笑顔で立ち向かう姿を目の当たりにして、これから何をなすべきかを考える機会になった。

Vol6  2017.12.6(水)18:30〜20:30/会場 港北公会堂 参加者141名
ご当主:石黒重成さん・黒須悟士さん・黒田瑞枝さん・高橋利道さん・広田詩織さん
「はしからはしまで放課後トーーク」と題して、区内で活動する、学童保育、民間学童、放課後キッズクラブ、放課後等デイサービス、
プレイリーダー6名が集まり、子ども達の放課後の過ごし方の現状を伝え、その課題とニーズなどをさぐった。

Vol7  2018.2.7(水)19:00〜21:00/会場 港北公会堂 参加者130名
ご当主:井手英策さん(慶応義塾大学経済学部教授)
貧困、格差の問題を経済学の視点から原因を考え、少子高齢化が進むこれからの社会において、現役世代が何を考え次の世代へ用意していくべきか、会場参加者との質疑応答も交えて日本の経済施策へのオピニオンリーダーでもある井手先生のお話を伺った。

Vol8  2018.7.23(月)18:30〜20:45/会場 菊名桜山公園 参加者76名
ご当主:古川原 琢さん(古川原農園 園主)×齋藤 良治さん(野菜レストランさいとうシェフ)
都市部から農地が姿を消していく中、新規就農者の話を中心に、これからの農業がどう進化していくのかを考えた。一夜城初の野外開催。運営 NPO法人びーのびーの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●協賛・賛助について

この活動は、趣旨に賛同する有志で構成する【港福城プロジェクト】の自主活動です。
活動に掛る費用は、参加費、寄付などの自己資金で取り組むものです。
協賛、物品提供、寄付も受け付けています。
びーのびーのは横浜市指定NPO法人のため、個人の寄付者には、住民税の控除を受けることができます。

 















※当サイトへのリンクを貼られる場合は、[お問い合わせ]よりご連絡ください。リンクバナーを使用される場合は、この画像↓をご利用ください。


※掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。全ての著作権は特定非営利活動法人びーのびーのに帰属します。

スタッフ用ページ